過去の私、今の私、そして未来の私?


一個下のエントリで書いたように
7月になってから、占星術の師匠のもとで
週1~2回、占星術の基本を復習しています。

前回の授業の時、先生に何か質問は?と聞かれて
その時は、私以外の方たちも再受講だと思ったので
結構むずかしめのことを伺ったのです。

そして、師匠がそれに答えてくださって
おー、さすが師匠、私の疑問のモヤモヤを晴らしてくださった。。。

と、うきうきと他のみなさんとランチに行ったのですが。

なんと、私以外の方たちは、占星術を学ぶのは初めてだったという。。。

なので、師匠と私の会話がちんぷんかんぷんで全く理解できなくて

「この講座を全部終了したら、さっきの会話が理解できるんですかねっ?」

と、美味しいランチを食べながら詰め寄られたのでした(笑)。

そこで、

「◎◎の件は今日の帰りまでに解決しますし、▽▲は来月わかりますよ♪」

とお答えしました。

そして、思い出したのです。

何年か前の私もそうだったことを。

私は占星術を学ぶのはほぼ初めてで(オーラソーマの中では少し習いましたが)
毎回キンチョーしながら先生のおっしゃることをノートに書き留めていました。

が、時々来られる再受講生の方と師匠の会話がまったく理解できず
ポカーーーン。。。くすん。。。

顔には出さなかった(つもり)(たぶん出てた)けど
火星がMCにコンジャンクション、というたぐいまれな(笑)負けじ魂が
キィィィィィィィ!!!→発狂w

でもそれから幾星霜(ってほどでもないか。。。)
基礎→応用、サビアン、色彩占星術、
師匠が製作されたテキストで講座を開くためのコースも受け
ガリガリ自主勉もして、実際にお客様とセッションをし。。。

と学んでいくうちに、「星のことば」が身についていたのですね。

師匠と再受講生さんの会話がわからず
ポカーンとしていた過去の私は
あの時、師匠と星のことばで同等に会話していた
再受講生(占星術や風水のサロンオーナー)さんと同じになれました。

そして、わからなくて悔しくて必死で勉強した過去の私も
初受講生さんとして、目の前で沖縄そばを食べているw。

未来の私は・・・そう、私に星のことば、星の世界を教えてくださった
師匠です\(^o^)/

実は、先週、私自身の初めての占星術の生徒さんをお教えしていて

「教えてる、教えてる、今、占星術教えてるキターーーーーー!」

と、ずっと目標にしてきた
「師匠みたいなアストロロジャー&ティーチャーになる」
のスタートラインに立てたことをゾクゾク楽しんでいました。

でも、ちょっと追いついたと思ったら
師匠はもう次なる展開を目指して
ブンブンエンジンふかしてるし~。
スゲー。

ま、私は私のペースで学び続け、歩き続け
そして決してやめないでしょう。
「星の世界」の探求を。

・・・さそり座だもの☆(しつこいでー)







[PR]
# by stellaforte | 2017-07-19 15:40 | 学ぶ

学びつつ教えつつ…


おはようございます\(^o^)/
連休の真ん中
いかがお過ごしですか?

私は先々週から週1〜2回
占星術の師匠のもとで
基礎クラスを再受講しています。

先週からは、自分自身が
基礎クラスの生徒さんをお教えする
占星術の講師としてもデビューしました☆

私はある意味「勉強オタク」なので
→興味ある分野のみ

ほっといたらいつまでも
1人で机に向かって勉強することで
満足してしまうし
そんな人生いいなーと思うのですが…

インプットだけでなく
アウトプットして「循環」させないと
「腐敗」、つまりいわゆる「宝の持ち腐れ」
になってしまいます。

そして、インプット→知識の吸収も
「基礎クラスのことはとっくに知ってるからいいや」
ではなく
こちらも常に新しいものを上書きし
更新することが大事です。

私の師匠は、つねに
インプットとアウトプットの循環を怠らない方なので
お会いするたびに
アストロロジャーとしてもティーチャーとしても
ブラッシュアップされていて
素晴らしいなあと尊敬しています。

そんな佳き師に巡り会えたので
ガッツリ食いついて学ばせて頂こうと

連休だけど、祇園祭だけど
今日も明日も来週も
京阪乗る人おけいはんで
師匠のサロンへ通うのです♪

師匠にもさんざん言われたけど

「実践(実占も含む)と、お教えすることが
自分にとっても一番の勉強」

これホント!
人様にお金を頂戴して仕事する、
そりゃもう真剣勝負ですもの!

そんなわけで
行ってきまーす\(^o^)/


…行きは京阪特急
帰りは梅田周りで阪急に乗って帰るのですが
→(始発から座るの命)
(だって荷物重いんだもん!)

今日は祇園祭り宵山
すごい人だろうな〜
コンチキチンっ\(^o^)/







[PR]
# by stellaforte | 2017-07-16 09:01 | 日記

祇園祭始まってます☆


今日もギンギラギンに暑かった京都です。

11時から某カルチャーで
英語の先生をする日だったので
いつも通りの時間に出てバスに乗ったら

「本日祇園祭のため
このバスは四条烏丸には行きませーん」
by ドライバーさん

ヒーーーー!

四条大宮でバスを降り
阪急電車に一駅乗りました。

実家の親のことでバタバタしていたので
祇園祭のことをすっかり忘れていました。

英語の教室は四条通りに面しているので
山鉾巡行の日は毎年クローズです。
先生も生徒もたどり着けませんからw

今日は山鉾を保管場所から出して
組み立てる「鉾立て」の日だったようです。

レッスンが終わって四条通りに出たら…

トップオブトップ、
「くじ取らず」で巡行の先頭を切る長刀鉾。

d0355417_22595490.jpg

ヘッポコ写真でごめんなさい。
お日様ギンギンでどこをどう撮っていいやら
全く見えませんでした…

こちらもくじ取らずで毎年2番手の
函谷鉾(かんこほこ)

d0355417_23021392.jpg

榊の葉っぱと御幣がとても美しく
青空に映えていました。
…全く伝わらない写真でスミマセン。

30年弱
7月は祇園祭に沸く京都で過ごしてきて
いつの間にか祇園祭が大好きになり
また、このお祭りの素晴らしさ
深さが少しずつ分かってきました。

観光客や地元の皆さんがたくさん集まる
一大観光イベントでもありますが
核は、都を疫病から守る神事であり
町衆により守られてきた芸術品や文化、風俗を
これからも守り続けるための継承儀式なのです。

だから、観光で京都に来られる方は
たくさん京都にお金を落としてくださいね♪
芸術や文化を守って存続させるのは
お金がかかります。

ちなみに私が一番好きな山鉾は
綾傘鉾(あやかさほこ)と
その「棒振り囃子」です。

パンキッシュな装束のミステリアスなお兄さんが
お囃子に合わせて棒をクルクル回して
魑魅魍魎を絡めとり
お囃子の鉦(かね)の音でこらしめる
とてもシンボリックなパフォーマンスです。
(youtubeにいろいろ映像あります)

一度ライブで拝見したいものですが
毎年暑くて
家で京都テレビの中継で見ている
暑さに弱い私です…。

暑さに強い方は是非
祇園祭りで盛り上がっている京都に
お越しください♪








[PR]
# by stellaforte | 2017-07-11 23:22 | 京都

老々介護3週目で迎えた満月


本日7/9 13:07
やぎ座で満月を迎えました🌕

実家の母の白内障手術→庭で転倒、骨折
に端を発した
老々介護による両親の殺し合いを防ぐための
私の「老々介護見守り隊プロジェクト」も
3週目となりました\(^o^)/

金曜日の夕方、京都から名古屋に来て
月曜日の朝、京都に帰るのが
標準スケジュールになりそうです。

私が「しょーがないから面倒見てやんよ」
と覚悟を決めたのと
両親も、私のご機嫌を損ねると
来てくれなくなるかも!という
恐怖心?とのコラボレーション♪で
まあまあうまく回るようになってきました。

でも、水の星座の太陽を持つ3人が
(父カニ、母ウオ、私サソリ)
ダイニングテーブルに集まっていると
とかくネチネチ陰険なフインキwになりがちなので
(水の星座は「感情」「情緒」を表します)

さっき父に

「今日は宝くじが当たりやすい日だよ」

とテキトーなことを言って
おつかいに出しました(コラ)。

いえね、先日
占星術で宝くじって当たるのかなーと思って
いろいろ調べていたら

誕生日に一番近い満月の日が当たりやすい、

と、どこかのサイトで見かけたので
6月末にお誕生日を迎えた父で
人体実験しようと…(コラ)

もともとうちの父は博才があり
競馬は良く当てるのです。
だから、ここらで1億当てとけば
老々介護も少し楽になるかと…

親孝行な私\(^o^)/
(違う)

父の出生時刻がわかれば
どこがどう博才の星なのか
詳しくわかるんですけどねぇ…
不明なのです。
大変残念です…。

さて、おやつにカステラを切ってくれと
年寄りたちが待っているので
これにて失礼いたします(^人^)

良い満月をお過ごしください🌕






[PR]
# by stellaforte | 2017-07-09 15:04 | 満月

降って湧いた老々介護


また1週間プッツンしてしまいました@ブログ

前々回の記事で書いた通り
実家の母が白内障の手術をして
それは無事に済んで予後も良かったのですが

目がよく見えるようになって
調子こいたのか

先週の木曜の夜
庭で転んでデコをぶつけ
吐いたので救急搬送されました…

なにやっとんねん。

父からの第一報を受け
嗚呼、週明けは葬式か!と
その時点でできる用事、仕事を
ウルトラスピードで片付け
父からの第2報を待ちました。

結局、脳に異常はなく
手首の骨折だけで済んだので
私は金曜になってから実家に帰ったのですが…

ケガ人、いと態度わろし!

父もそれほど体調が良いわけでなく
ゼーゼー言いながら面倒見てくれてるのに
悪態つく、言うこと聞かない、
折れたのは左手だから
利き腕使ってよく食べる!爆

老々介護初日で既に
殺し合いが始まりそうでした。

なので、私はこの夏
綱姫と大蛇丸みたいな両親の
睨み合い→殺し合いを阻止すべく
児雷也となり、さんすくみの一角として
この身を投じなければなりません。

なんで例えがこの面子?

むかし、三すくみの話を読んだ時
「うちの家族みたい…」って思ったからかなw
水のグランドトライン家族ですしね。

ま、両親はまだ一応正気を保っているので
私は老々介護見守り隊ってとこですか。
毎週末、実家へ帰ることになったので
スケジュールを調整せねばなりませぬ。

でも、自分でも意外なくらい
嫌でもなければ
(もちろん嬉しくはないw)
無理〜!とも思ってない、むしろ

私は大丈夫、
この件はなんとかなる

と思えるのです。

私のホロスコープの「月」
(→素の自分、潜在意識、こども、母、妻としての自分)
が人生の枠組み、土台を決める
「土星」にしっかり支えられているからでしょう。

そして、父も母もそれぞれ
自分の親、つまり私の祖父母を
精一杯の愛情を持って見送ったのを
私は見て育ったから

私がこれから両親にすることを
娘も見てさらに大人になるでしょう。
(私の面倒も見てくれるでしょう笑)

さそり座太陽は底知れないパワーを
秘めていますしね☆
集中して密度の濃い仕事が
やれば出来る子やねん。
(いつもやれよ)

そんなこんなで
なんとかなるさ、と。

いろんな意味で
アツイ夏になりそうです♪







[PR]
# by stellaforte | 2017-07-04 12:26 | 実家ネタ